ケアレスミスは減らすことができる!うっかりミスはこうやって減らそう!

大きなミスはあまり無いけれど、
小さなミスが頻発する事がありますよね?


いわゆるケアレスミスを減らす方法は、
かなり存在しています。


一つミスをしたらそれをメモする

同じミスを繰り返してしまうという事は、
ミスの原因そのものを忘れてしまっている可能性があります。


周囲の人間から指摘されたり、
自分でミスに気づいたらその都度メモを取りましょう。


最初は面倒に感じるかもしれませんが、
それこそがミスに繋がる原因にもなっています。


一般的なケアレスミスをする人の特徴は、
後回しにしたり確認する癖がない人だと言われています。


効率化を図った結果だと思う人もいますが、
そのミスで信用を失うと意味が無いですよね?


他にも日々の生活に余裕が無い人や、
行動する前に確認する癖がない人も、よくミスを起こします。


解決策は実に簡単で、
導入当初は多少面倒くささを覚えたとしても、
習慣づけてしまうのです。



そうすれば何かをする前にメモを確認し、
自分の行動を再認識してのぞむことが出来ます。


こうした小さな事の積み重ねが、
ミスを無くして信用を勝ち取る為の近道でもあるのです。


習慣にしたい事をメモする

失敗を減らす最善の改良策は、
メモを取る事と言われていますが、
逐一メモを取れない人もいますよね?


激務に追われて移動も短時間、
メモをする暇があるなら仕事の確認をするといった場合です。


そういった多忙な生活を送っている場合は、
就寝前にメモを取りましょう。


寝る前の五分だけ時間を作り、
同じミスを繰り返さないための習慣を作ってしまうのです。


それを先にメモしておくことにより、
出社前や会議の前、起床時等に確認して目標を持ちましょう。


どれだけ忙しくても習慣にしてしまえば、
行いたい物事を一日の流れの中で自然と実行できます。


習慣付けは身につくまでは大変ですが、
繰り返していればいつの間にか行っています。


短絡的に日々を過ごしてミスを起こすより、
長期的に見て信用を勝ち取れた方が結果に繋がるのです。


多忙な日々に追われている時こそ、
習慣付ける事を目標にしましょう。


もしくはメモを取るなら、
録音機能も付いているペンもあるので、



少し値ははりますが、
利用してみるのも良いかもしれませんね。


質問形式でのメモ

この方法はいわゆる、
自問自答をメモ帳に書き出して持ち歩き、確認する事です。


メモではなく口に出す事でも可能なのですが、
性格や会社等様々な原因から無理な人もいます。


その為、失敗したらその原因を覚えているうちに、
疑問文としてメモに起こすのです。


例えば自分の不注意から、
何かの確認を怠りミスが起こった場合、
今日は確認したか?という形になります。


この方法の良い部分は、
自身が起こしたミスであるにも関わらず、
客観的に確認できる事です。


今の自分とは別にもう一人の自分を
作り出すような形でメモをする事で冷静な確認が出来ますよね?


個人作業を行っている人は少なくなく、
職種によっては人と関わる機会が少ない人もいます。


デスクワークだったとしても、
私語に厳しい職場では気軽に相談もし辛い事もあります。


そういった人に対して、
自問自答形式は一つの正解と言えるのではないでしょうか。


客観的に物事を見直すというのは、
一般的な認識よりも大きな意味を持っているのです。


最善の方法は手間を惜しまない

上記で述べた事は、
言ってしまえば限定的なメモの活用方法であり、
選り好みする人に向けた物です。


これら全てを行う事がまったく苦にならない人や、
苦にならなくなった人は、全てを行いましょう。


そうする事で大きなミスであれ小さなミスであれ、
確認を怠らなければ劇的にミスは減ります。


ミスをしない人の特徴は、
何かをする度に確認をとる…几帳面な人です。


出勤前に所持品を確かめ、
仕事を行う前にメモ帳を見て、
会議の前に書類と以前の失敗を再確認する。


これだけでも同じミスは繰り返さないとわかり、
客観的な方法を用いている事で冷静にもなれますよね?


当然、一日中これだけ…
張り詰めてしまっていては疲れる事はわかっていますから、
強弱をつけましょう。


絶対にミスをしてはいけない時は強く集中し、
気楽にやれる所は少しリラックスして行うのです。


こうする事でもミスは減り、
細やかな性格をしていなかったとしてもポイントは抑えられます。


こうした部分の手間を惜しまなければ、
ミスが少ない人間という評価も得られやすいのです。


ケアレスミスというのは、
誰しもが起こしてしまう事であり、
大事なのは修正出来るかどうかです。


同じ事を繰り返して注意を受け続けるより、
早めの改善を心がけて自身の負担を減らしていきましょう。